自律神経を整えるツボで症状・不安を解消!

自律神経失調症では、

「また症状が出たらどうしよう。」

「人前で倒れたらどうしよう。」という不安が

さらに症状の改善を妨げてしまいます。

 

そんなときに頼りになるのが、

自律神経を整えてくれるツボなんです。

 

自律神経は自分の力でコントロール出来ませんが、

ツボには自律神経を整えるものがありますので、

ぜひ覚えておきたいですね!

 

不安への対抗手段を持とう!

ca5f86877b342fc2f8f8479e6252294b_s

いわゆる発作が起こった時に

自分で軽減できる術を知っていることで、

対抗する武器になります。

 

私の場合、常に襲ってくる吐き気との戦いに、

移動中の電車などは本当に苦労しました。

 

目的地へ着くために何度も電車を降りて…

ということを繰り返したりの毎日で、

それだけでも外出が出来なくなってしまいました。

 

あるとき、移動中の車の中で

突然具合が悪くなりはじめた際に、

小学生の時分に船酔い止めとして教わった

ツボを刺激することを思い出し、

ダメ元で圧してみると、

すごく効き目があったので本当に驚きました。

 

それからいろいろと調べて、

自分の症状や自律神経を整えるツボを覚え、

次の発作に備え、

毎日刺激することで改善にもなると言うことで、

かなりツボにのめり込んだ時期もありました。

 

ツボが効いたのか、「予期不安に対処できる」

という意識が沸いたことが効いたのか、

ツボ押しをはじめた以降は徐々にではありますが、

発症の間隔が長くはなってきました。

 

オススメのツボは!

201110
画像引用:http://www.wellbest.jp/

 

自律神経を整えるツボというのは様々ありますが、

最もわかりやすく、

効き目があったのは「手三里」というツボです。

 

万能のツボという話もありますが、とにかく痛いです!

なので、腕を軽く圧していくとすぐにツボの位置が解ります。

この痛みで症状を忘れてしまうのかもしれないですね…

 

もう一つも有名なツボなのですが、

「百会」という頭頂部のツボです。

 

ここを気持ちよくなるまで押すのですが、

当時小学生の娘が圧してくれたので、

それだけでヒーリング効果を感じられました。

 

胃腸症状はこのツボ!

私は吐き気など胃腸症状もありましたので、

ツボには随分とお世話になりました。

 

胃腸の症状以外にも、リラックス効果があるのが、

「合谷(ごうこく)」という親指と人差し指が作る

Vの字の頂点に位置するツボです。

1e5275941399805a5a0bf69774dd1b021-300x291
画像引用:http://w.grapps.me/

 

胃腸というよりも、精神不安予防のために

良く揉んでおきましょう!

 

こちらは車酔いや吐き気に効果がある

「内関」です。

手首から指3本分の場所にありますが、

これは、しゃっくりが止まらない場合も効果があります。

naikan
画像引用:http://matome.naver.jp/

 

ツボの効果は未知数ですが、

やることで生まれる安心感が大切なんです!

ツボを知っている、圧しているから大丈夫!

と思えるようになればしめたものです。

 

まずは体を物理的にほぐして

リラックスさせていくことで血流や

神経伝達の改善につながります。

 

自律神経が集中している首の筋肉のリラックスで

わずか数週間で健康な毎日を取り戻す方法も注目です!

自律神経失調症を首から改善!



スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ