自律神経を整える方法 ストレッチよりも効果的なトレーニング!

自律神経失調症の改善方法として、

私が付き合ってきた症状なども照らし合わせ、

首や肩の部分の筋肉の硬直をやわらげ、

自律神経を整える方法としてのストレッチの効果などをご紹介してきました。

 

勉強や仕事に追われて机に向かっていると、

自然に姿勢が乱れて、特に首周辺の筋肉は

頭の重量を支えるために酷使されるのですから、

相当な負担を受けているわけですよね。

 

私も思い返せばその様な変調の兆しが

あったような気もしますが、

その当時は、後々襲ってくるつらい症状が

自分の身に起ころうなどとは夢にも思いませんでした。

 

少し休憩をとりストレッチをするということを

今は積極的に行っていますが、

あの時、その行動を取ることができていれば、

「人生が大きく変わったのでは?」と思いますね。

 

ストレッチだけでは症状の改善は難しい?

自律神経を整える方法としてストレッチは有効な手段の一つではありますが、

それだけではなく、「プラスアルファ」することで、

「より効果を上げて短期間で症状を改善できる」

とおっしゃる方もいます。

 

ストレッチは筋肉を伸すことで、

首や肩周辺の筋肉を硬直から開放してくれますが、

それだけでしか無いということだそうです。

 

もちろん、血行の促進などもありますし、

悪いことではないのですが、

より効果的に「結果」を手にするには

それだけでは足りないということなんですね。

 

ヨガはポーズによっては筋肉に負荷を与えて、

筋力を増すことができるものの、

自律神経失調症の原因となる体の歪みを取るために

一番重要な「骨盤の歪み」を改善するためには

 

「大腰筋」を左右均等に鍛えることが重要で、

そのためには、きちんとした「トレーニング」こそが

改善に導いてくれるのだそうです。

 

試してよかった!「自律神経失調症」改善法(1年間サポート・全額返金保証付)

 

自律神経失調症の「根治」を目標とした改善法とは?

調べてみると、ストレッチやヨガといった

自律神経失調症の改善に効果があるとされているものは、

対処としては優秀でも「根治」は難しいようですね。

 

時間をしっかり掛けて肩甲骨周辺を中心に、

体の内側の筋肉であるインナーマッスルの歪みを

一層一層外側から取り除いていきながら、

体全体の筋肉のバランスを整えることで

待望の「根治」へとつなげる方法があります。

 

この方法でも枕の重要性は説いていますので、

改善の根本となる部位というのは、

肩や首にあるというのは共通ですね。

 

ただ、「根治」を目指しているので

1ヶ月でという訳にはいきませんが、

3ヶ月以上かけてでも「根治」するのであれば

試す価値というものはありそうですね。

 

試してよかった!「自律神経失調症」改善法(1年間サポート・全額返金保証付)

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ