自律神経失調症で仕事を辞めたい時こそ改善のチャンス!

自律神経失調症の症状で悩み、

とてもじゃないけれど仕事にならない。

毎日が苦痛で、つらくて仕事を辞めたい!

と思うこともありますよね。

 

私も家族を養いながらその苦痛と戦い、

結局は辞められずにいましたが病気を克服し、

なんとか元の生活を取り戻しました。

 

自律神経失調症で仕事を辞めてしまう方もいますが、

生活していくためには、

次の職を探さなくてはいけません。

 

仕事を辞めてしまうよりも、

「辞めたい時こそチャンスだ!」と思考を変えて、

逆に仕事を続けながら症状と向き合い、

改善に向けた取り組みをしていきましょう。



スポンサーリンク

 

自律神経失調症で辞める必要はなし!

自律神経失調症については、

相変わらず理解が進んでいない企業もありますので、

「心の病」=「弱い者」のような

扱われ方をするところもあるでしょう。

 

しかし、これは企業としてはNGで、

現在はメンタルヘルスの管理については、

企業に義務づけられている訳ですから、

医師の診断、企業としっかり話し合いをして、

働きながら治療するという選択が第一です。

 

会社に迷惑がかかる、

同僚に申し訳ないという、

真面目な考えもいいですが、

それより先に取り組まなければいけないのは、

症状の改善へ向けた取り組みです。

 

会社に行くことで症状が出てしまう、

悪化するというのであっても、

次の人生設計をしなければ、

わずかな退職金も底をついて、

生活が立ち行かなくなってしまいます。

 

ここは焦らずじっくりと思い切って

迷惑をかけてもいいですから、

症状と向き合っていきましょう!

 

特に、辞めたいというのが、

自律神経失調症の症状に起因するものであれば、

辞める必要は全くありません。

 

私も管理する側になりましたが、

研修でこういった症状に悩む社員への

声かけ、聞き役に徹するなどの

研修を毎年のように受けています。

 

みなさんの会社でも同じはずですから、

まずは相談して、改善の医師表示を

していきましょう!



スポンサーリンク

 

思いを全部吐き出そう!

家族や知人に相談しても、

この症状の経験が無い人からは

ナイスなアドバイスは期待できません。

 

「会社に迷惑がかかるから辞めた方が良い」などと

安易に退職を促したり、

逆に落ち込むようなこと、

頑張っているのに「頑張れ!」という

NGワードも出ますので全く参考になりません。

 

悩んでいるときは、

同じ症状の人同士というのが一番いいです。

お互いの悩んでいるところ、

苦しいところに共通点があるだけで

不思議と話が弾むというのはおかしなものですが、

話した後は溜まったものをはき出して

スッキリした状態になります。

 

私は、友達ともらった薬が効くとか効かないとか、

心臓が破裂するかと思ったとか話しながら、

「自律神経失調症あるある」を話していると、

あっという間に時間が過ぎて、

帰りには「奴も大変だな~」と

人のことを気遣う変な余裕も生まれました。

 

まわりにそのような人がいない場合は、

しっかり時間を取って、

「聞き役」となってくれる医師と話しましょう。

 

このときは、絶対に遠慮せず、

症状の全て、苦しいことなど全部

はき出してしまいましょう!

 

行動する勇気を振り絞ろう!

自律神経失調症では、内にこもってしまい、

何かをやろうとか思うけれども

動かないということもあります。

 

外に出られない場合でも、ネットを検索して、

私も活用したツボ刺激等を取り入れて見るなど、

とにかく「行動」を起こす勇気を振り絞って

一歩ずつ前進していきたいですね!

 

私は実践しませんでしたが、

後に発症した友人はネットを検索して、

首や肩のストレッチを取り入れて、

さらに思い切って改善方法に取り組んで

私に朗報を伝えてきました。

 

彼は、私が長い間苦しんだ同様の症状を

あっという間に改善したのですから、

驚いたというか、妬んだというか…

首・肩から短期間に改善する!

 

ともかく涙を流しながらお酒を飲んで、

激闘の日々を語り合いました。

皆さんも私たちのような日が必ず来ます!

 

今はどん底でいますが、

少しずつゆっくり進むことで必ず光は

見えてきます!!



スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ